ホームページ感覚で作るアプリ開発

IOSやandroid向けのアプリ開発においてここ数年で起きた革命的イベントはアプリ開発に専用言語が必要なくなったことです。

これまではIOSならobjective-c、アンドロイドならJavaといった具合に専用の開発言語が指定されていました。

しかし、phonegapやcordova、taitaniummobileなどの開発環境が登場したことで専用言語以外でのアプリ開発が急速に広がってきています。中でもphonegapやcordovaはjavascriptとHTMLという、ホームページを作っているデザイナーでもアプリ開発ができる時代となりました。phonegapやcordovaでの開発はまさにホームページを作っている感覚そのままです。決められたGUIパーツを決められた手順で設定していけばスマートフォンのアプリとしてすぐにパッケージしてくれます。

もちろん、ある一定レベルのツールの機能があればIOSでもアンドロイドでもストアに公開することが可能です。必要なのはデベロッパー登録だけです。デベロッパー登録はIOSなら年1万円程度、androidなら初回だけ数千円入金すればすぐになれます。アプリはIOSはアップルのテストがありますが、androidならそのまま公開可能です。どちら向けとも考えずに公開することができるのが最大の魅力です。

また、特殊ハードウエアについてもライブラリがすぐに作られるので新機種にも対応しやすいとも言われています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *