実機ありきのアプリ開発はユーザーの満足度が高い

携帯型端末で動作するアプリ開発に必須の道具は、プログラムのコーディング作業が可能なパソコンだけではありません。

アプリ開発で仕上げたソフトの動作確認を行う実機がなければ、ユーザーの満足度が高まらないのです。アプリ開発を進める際に、実機が必要不可欠であるわけではありません。あくまでも、ソフトの動作確認のために用意しておくことが望ましいからです。しかし、パソコン上でエミュレーターを起動させてソフトの挙動を確認していると、種々の困り事が発生することが多くあります。スマートフォンアプリであれば、フロントカメラの動作確認が必須のアプリ開発も少なくありません。エミュレーターに搭載されているのは、リアカメラだけであることがしばしばです。

フロントカメラの動作確認を行わないままアプリ開発が完了すると、ユーザーが所有する端末で期待した結果が得られないことも考えられます。アプリ画面に配置する各アイテムの見え方は、実機とエミュレーターとの間に差があることが珍しくありません。エミュレーターを使った動作確認時にアイテムの配置がベストであると判断しても、実機で確認してみるとユーザビリティを損なう結果になりがちです。

エミュレーターや実機を問わず、プログラムしたとおりにアプリは動作します。しかしながら、ユーザーの満足度を高めるには付随する機能が使いやすくなければなりません。その課題をクリアするために、実機が必要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *