Flashを使ったアプリ開発

IOSやアンドロイド用のアプリケーションはアプリと呼ばれ、数百とも数千とも呼ばれるアプリが作成されてきています。

これまでのアプリ開発はIOSならobjective-c、アンドロイドならjavaということでそれぞれ別の言語による開発が行われてきました。しかい、両プラットフォームに提出するためには工程が増えてしまいますし、プログラマの言語習熟にも時間がかかります。そこで現在では専用言語ではない言語で両プラットフォーム向けにアプリを開発できる環境が利用されることが増えています。専用言語以外ではHTMLやjavascriptなどが利用されることが多いですが、中にはFlashを利用したアプリ開発環境も有ります。

これはアドベ社が販売しているFlashproを利用した開発環境です。FlashはActionscriptと呼ばれる言語で開発されますが、Flashproではiosやアンドロイド向けのアプリを作成する機能が追加されています。FlashはHTML5やJavascriptが出る前には動画や動きのあるホームページでは主流の言語でした。

そのため、現在でも利用者がとても多い環境です。アプリ開発においてもFlashを利用した開発が行われることが増えています。Flashを使った環境の利点は既存のFlashのテクニックが使えること、他の開発環境に比べて3D表現力が高いことがあげられます。特に既存のライブラリなどを使えることを魅力に感じる方が多いようです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *