javascriptでアプリ開発

アプリ開発はIOSならobjective-c、androidならJavaと決まっていましたが、さまざまな言語での開発が行える時代になってきました。

中でもjavascriptを利用したアプリ開発が注目されています。javascriptは元々ホームページやブログの動作をプログラムするために開発されてきている言語ですが、柔軟な言語仕様もあって、アプリ開発に利用されるようになってきています。javascriptを利用した開発では主に2種類の開発環境が用意されています。1つはjavascript単体でプログラムするtaitaniummobile、もう1つはHTMLも利用するphonegapやcordovaです。

どちらも、ネイティブアプリに負けない速度で動作することができ、ほとんどのハードウエアも利用することができます。javascriptを書けるプログラマは急速に増えていることから今後さらにこのアプリ開発環境を利用したアプリが増えていくと考えられています。ただし、双方ともグラフィックに特化したライブラリは苦手としていると言われています。

そのため、激しい動きが続くゲームアプリや3次元で動作するゲームなどは苦手な分野です。ハードウエアGPUなどをフルに活用したアプリ開発をする場合にはネイティブアプリとして作成することが求められる場合もあります。ただし、ツールや2次元ゲームであれば十分作成可能な環境です

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *