アプリ開発に必須のツール

アプリ開発ではメーカー純正の開発ツールで開発する場合もありますが、サードパーティ製の開発ツールが必須と言われ始めています。

メーカー純正の開発ツールとサードパーティ製の開発ツールと比較した際にもっとも違う点はサポートするアプリの稼働条件です。

メーカー純正の開発ツールでは自社用のアプリ開発しか考えていないのが普通です。もちろん、アプリ開発ツールは使いやすくなっているのですが、ライブラリについては他のOSでは利用できないことが多いです。そのため、他のOSでアプリを使いたい場合には再構築、移植作業が必要となります。移植の際はデザインやコンテンツは使いまわせますが、アプリ開発自体は新規に行うのと変わらない工期が必要です。

そのため、ゲームを中心にサードパーティ製の開発ツールの利用が進んできています。サードパーティ製の開発ツールが好まれる理由の1つにC#やC++などの言語が利用できることを上げる方も多いです。これらはwindowsの開発で使われることが多く、言語の壁があるからアプリ開発に入らないという方もいるほどです。

サードパーティ製の開発ツールではこれらの言語を低レベルまで利用して開発可能です。そのため、ハードウエアに近い部分までプログラムすることもでき、パフォーマンスが重要なゲーム開発においてはメーカー純正の開発ツールを使った場合よりもアプリのパフォーマンスが高くなったという開発者も居るほどです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *