アプリ開発に必要なものと環境

アプリ開発にはパソコンや動作確認をするためのスマートフォンと開発するにあたって必要なソフトウェアが必要となります。

OSなどによって必要なものや環境は異なりますが基本的にパソコンがあれば大丈夫です。パソコンはアプリ開発に支障をきたさない程度のスペックのものが必要になりますが、基本的には市販のノートパソコンやデスクトップパソコンでも十分に使えます。特殊なOSが搭載されたパソコンだとアプリの動作環境に満たない場合があるので必ずWindowsかMacなどのOSが搭載されているものを選ぶ必要があります。

アプリを開発した後で無事に動作するかやテストをするためにiPhoneやAndroidなどのスマートフォンかタブレット端末が必要になります。一部のソフトウェアではパソコン上でエミュレーションを行って仮想的に動作の確認が行えますが、タッチなどの操作はスマートフォンやタブレットでしか行えません。本格的な動作確認やテストを行いたい場合には対応するOSを搭載しているスマートフォンかタブレットが必要になります。

ソフトウェアに関しては開発するアプリの種類やOSによって大きく異なりますが、iPhone向けの場合にはXcodeが必要になりゲームや立体的なものの場合にはUnityが必要になります。環境によって使用するべきなソフトウェアは異なるので自身の環境に最適なソフトウェアやツールなどを選択する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *