アプリ開発に必要なことは知識よりも情熱

「アプリ開発」を考える上で、あまりこの分野に関する知識を持っていない人にすれば「難しい」という印象が一般的です。

アプリ開発を行う際に必要な知識は「プログラミング」というものであり、これは基本的に一般的に生活をしている中で身に付けられる知識ではありません。「アプリ開発をしたい」などの目的をもって学習して初めて身に付けられる知識、技術であるため、広くその事実を知られてはいない状態です。端的にいえば、「素人には非常に難解で難しいもの」と言っても語弊はありませんが、必ずしも専門的な知識を持たなければできないものというわけでもありません。

当然、何の知識も持たない人が取り組んだ場合の労力は非常に大きく、目的によっては数か月~数年の単位で期間を要することもありますが、少なくとも「一部の才能ある人だけができるもの」というほど大それたものではないことだけは確かです。少しでもかじったことがある人ならば体感的にも分かるものですが、「知識や技術はあるに越したことはないが、それ以上に必要なことは最後まで作品を作り上げる根気」です。

知識を持って取り組めば短期間で完成できる可能性はありますが、それにしても規模によってはプロジェクトを組んでも数年単位の期間が必要になる可能性がある以上、本当に必要なことは小手先の技術や知識などではなく、「行動力を生み出す根本的な情熱(パッション)」だということが如実に感じられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *