スマートフォンで開発されるアプリは多種多様

コンピュータ上には様々な用途に使われるアプリケーションソフトウェアがあり、昼夜を問わず世界中で利用されています。

パソコンの世界ではソフトと呼ぶことが多かったですが、最近ではスマートフォンと同様にアプリと呼ぶことも多くなってきました。どちらにしても、WEBブラウザやメーラー等のようにコンピュータ上で何かをするためのものです。

その開発はコンピュータ言語等を使ってプログラミングされ作られます。そのスマートフォンでは、近年世界的な普及もあって、ありとあらゆる物があると言っていい程、アプリの数が増えてきました。IoT機器と呼ばれるようなインターネットに繋いで使える家電製品等も当たり前になりつつあり、それをスマートフォンと連携させて自宅のみならず外出先からも制御出来るようなアプリも開発されています。

またスマートフォンでは色々なセンサー(GPSや加速度や磁気センサー等)が搭載されているので、それを利用したアプリが開発されています。例えば、GPSセンサーでは現在位置の情報が得られるので、地図と連動したものが沢山あります。加速度センサーでは、目覚まし時計になるものがあります。

寝ている時の人の動きをセンサーで計測し、最適なタイミングでアラームを鳴らしてくれます。磁気センサーでは、方角が分かるので方位磁石と同等のものが出来ます。このようなセンサーはパソコンには無く、そういったものを作れませんが、スマートフォンはより身近な所で使え、外にも持って行けるデバイスでもあるので、多種多様なものが登場するようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *