ユーザーのニーズに合ったスマートフォンアプリの制作

近年では、スマートフォンを所有して使っているユーザーが増加しており、様々なオンラインサービスを利用しています。

アプリ制作を行う場合、ユーザーのニーズに合った物を開発していく事を意識します。アプリの制作方法は、スマートフォンが持つ機能を発揮させる事が出来るネイティブ開発、オンラインサービスとスマートフォンの機能を連携させる事が出来るハイブリッド開発があります。ネイティブ環境で動作するアプリを制作しますと、プロセッサなどのスマートフォンのリソースを最大限に使って動作させますので、ゲームなどのようにスマートフォンのハードウェアの力が必要な物に適しています。

ハイブリッドアプリの制作は、オンラインサービスを主に使うクライアントソフトとして動作させるシーンが多いですので、クライアントソフトは基本的な機能の更新をアップデータで行うだけで済みます。サービスの機能はサーバ側で展開されますので、クライアントソフトを開発して配布しておけば、後はサーバ側でサービスの更新やメンテナンスを行います。

アプリが利用されるシーンによって、開発手法を変えて制作していけば、効率的にユーザーにニーズに合った機能を提供する事が出来ます。スマートフォン用のソフトウェアは、同じOSを搭載していれば、タブレット端末でも使えます。幅広く利用してもらう為には、ユーザーが現在どのような機能を持ったソフトウェアを必要としているのかを把握しておかなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *