アプリの開発は個人でも出来る

アプリの開発は今では個人でも出来る仕事です。

実際に多くの人がさまざまなアプリを開発して、世の中に提供するようになっています。ある人は企業の売り込みに行く人もいますし、ネットでの企業からのオファーを受けて作るというケースもあります。そんな中で少し前に世界で注目を浴びたアプリの開発のニュースがありました。それはこれまでプログラムなどとは縁のない世界にいた普通のおばあちゃんがプログラムの教室に通っているときにそこの先生と共同して作ったアプリが世界的な企業に採用されたという事で大きな注目を浴びることになったのです。

そのアプリは雛人形を正しく並べるというシンプルなものですが、これが大きく評価されたわけです。この時はプログラムを作ったのは教室の先生で、おばあちゃんはアイデアを提供して、これをここに並べるというような知識を提供するという形で作ったようです。ですが、このおばあちゃんは半年後ぐらいにはプログラムを作ることが出来るようになったいたというのですから驚きです。何でもやる気になれば出来るという事をこのことが証明しているのではないでしょうから。

そして、誰もがこうしたチャンスを持っているという事の証明にもなっていると思われます。このおばあちゃんの凄いところは、プログラムを作る教室に通っていた事、そこの先生と共同で何かを作ろうという事をしていた事にあります。このことは、誰もがやれば認められる可能性が大いにあることを示しているといえそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *