本格的なアプリを作成しよう

本格的なアプリを作成するには言語が必要です。言語は多種多様で数は無限といっても過言ではないくらいあります。

では、どのような言語がいいでしょうか。「HSP」というプログラミング言語をお勧めします。HSPは、初心者にも使いやすくプログラミング初心者にはちょうどいい言語でしょう。この言語では、アプリの作成が簡単で小・中学生でもしている人もいます。この言語は、日本発の言語なので日本語の書籍などがたくさんあるので、初心者でも簡単に使うことができます。それに少ない文字数で、画像を表示したりユーザーが作った拡張プラグインなどを使用することで無限の可能性があります。

また、無料で自由に使うことができますのでアプリを作成してから売ったりするのもいいですし自分用に言語を使って自分の役にたつソフトの開発をするのもユーザーの自由です。それをするのはすべて「無料」です。HSPの製作者は「おにたま氏」で、おにたま氏は日本の男性プログラマーで、本名は「武田寧」です。「グループONION-software」の代表、有限会社ツェナワークス技術開発責任者で、1995年からプログラム言語HSPを開発しています。

プログラミングの教育活動にも取り組んでいるすごいプログラミングの普及に力を入れている人です。プログラミング界の初心者のために様々な活動をしているひとのひとりです。これからのITの発展のためにさらなるHSPの改良をしていっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *