アプリの作成に求められるスキルや知識

AndroidOSを搭載したスマートフォンやタブレット向けのアプリを作成する場合には、Javaが多く使われることが有ります。

他にもC言語等のプログラミング言語が使われることも有りますが、多くの場合にはJavaが使われます。最新の情報を表示するような簡単なものからソーシャルゲームや3Dゲーム等の様々なアプリで広く使われているプログラミング言語です。Android向けのアプリを作成したいならJavaは必須のスキルだと言えます。iOSを搭載したiPhoneやiPad向けのアプリを作成する場合には、Objective-Cが使われることが多いです。

Objective-CはC言語が元となっているプログラミング言語で、オブジェクト指向要素を含んでいてC言語の上位互換です。iOSのアプリを作成する為のXcodeというソフトで正式にサポートしているプログラミング言語ということも有り、iOS向けの場合にはObjective-Cが使われることがとても多いです。Web向けの場合にはHTMLやJavaScript等が使われることが多いです。

HTMLはWebページの作成に最適化されたプログラミング言語で、JavaScriptはWeb向けのゲーム等で使われる事が多いプログラミング言語です。デザインに拘る様な場合にはHTMLやJavaScriptの他にも、CSSというプログラミング言語が活用されることも有ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *