アプリを作成する時の注意点

アプリを作成する時の注意すべきはユーザー目線で考えることです。

ついつい自分目線で考えてしまう事が多くなるので、ユーザー目線で見て考えることが最もアプリの作成時に必要になる事といってもいいでしょう。これは実はなかなか難しいことだったりします。一見当たり前のような事のようにも思えますが、これがなかなか出来ないことなので、常に意識する必要があります。というのは、アプリの作成にはまればはまるほど自分本位になっていくからです。こんなことも出来れば、これもあると嬉しいというようにどんどんと付加的に機能が増えたりしていきます。

ですが、実際に必要な事は限られていることが多くユーザーが求めていることは、ほとんど同じことだったりします。良くある失敗例としては、アプリではありませんが、Windowsでこのようなことがありました。バージョンアップで新しいソフトをリリースしたところ、機能は膨大に増えて出来る事は一気に多くなったのですが、スピードが遅くなり、ブーイングの嵐が起きて、そのパージョンは結局お蔵入りになって、バージョンを落とすことを薦めるようなじたいにまでなったのです。

これは出来る事を増やした結果ユーザーが最も大切にしていたスピードが遅くなってしまい、こんなもの要らないという事になったのです。超一流企業といわれているようなところがこんな初歩的なミスをするわけですから、いかにユーザー目線というのが難しいのかが分かるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *