個人で行うアプリの開発

個人でスマートフォンのアプリの開発を行う場合、プログラミングのスキルを書籍やセミナーや学校などで習得するパターンがあります。

それだけではなくプログラミングができなくてもアプリ開発ができるツールなどの登場でハードルが低くなっており、中にはiPhoneやAndroidどちらにも対応したハイブリッドなアプリ開発が可能であるものも出ている状況です。

そのため製作すること自体は難易度が低いのが特徴ですが、出来上がったとしてもiPhone版の場合はAppleのシビアな審査に通らなければ公開することができませんし、Androidの場合は日本のユーザーが少ない点(同じ作品がiOSが100万ダウンロードとするとAndroid30万弱)と公開が容易であるため似た様な作品に埋もれてしまってダウンロードがさっぱり伸びないと言った問題点が挙げられます。

またiOS版は公開し続けるために毎年10000万強(年によって変化することがあり、Androidは初回の2700円前後のみ)支払わなければいけないのでコストがかかると言った面もあります。

また公開する場合においては「アイコン」「スクリーンショット」「説明文」は重要ポイントで改善しただけで1日のダウンロード数が10パーセントから30パーセント上昇すると言った効果もあるので侮ることができないところです。

かつては個人で一攫千金が狙えましたが、近年では副収入や不労収入としてのものや就職や転職の武器としての個人のアプリ開発の立ち位置になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *