アプリケーション開発の基礎

「独自のアプリケーションの開発」と一口に言っても、その方法にはたくさんの種類があります。

簡単にアプリケーション開発をするには、ボタンや文字などの必要なものを配置していく方法があります。

この方法を使うと、細かい調整はできませんが、見た目中心に開発ができ、すぐに形になるのが利点です。その他には、文字だけで指示文を作成し、動かしながら改良を進める方法もあります。

一般的に、プログラミングと呼ばれる作業になります。指示文の書き方や操作などで細かい知識が必要になり、一つの作品を作り上げるまでにある程度の時間を要します。アプリケーション内部の動作を中心に作成していく開発方法です。

さて、ここまで具体的なやり方を説明してきましたが、搭載したい機種のOSによって、同じ動作をするための書き方が全く異なってくるという点に注意が必要になります。

OSの例を挙げると、apple社製のiPhoneシリーズやiPadに搭載されているiOSや、国内各社やアジアのメーカーのスマートフォンやタブレットに搭載されたAndroidOS、Windowsなどが代表的です。OSというのは、本体の動作をつかさどる部分なので、アプリケーション開発とは、OSにしてほしい動きを伝えるための命令を書く作業になります。

理解してもらえる指示を出すには、書く側が考えるしかありません。これを踏まえて、何で動く、どんなアプリケーションを作りたいのかを考え、理想の作り方を模索してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *