アプリ作成費用のピンキリ

アプリを一つ作るには、一般的に100万円から数千万円になるといわれています。

なぜこんなにピンキリになってしまうかというと簡単な操作のものは当然プログラミングする数も少なく済むので人件費がそれほどかかりません。

アプリ開発の工数(作業量を表す概念のこと)は一般的に4万円と言われています。

ショッピングカート系は工数が20から100ぐらいと言われているので作成費は80万円から400万円になると思われます。同じジャンルのものでもこれだけ金額に差が出てしまうのには訳があります。それは、ショッピングカート系と言ってもどれほど機能を付けるかによって作成にかかる日数が変わってきてしまうので高度なプログラミングが必要になってくると当然価作成にかかる日数が多くなってしまうので高価になってしまいます。一番作成が高くなってしまうのはゲームアプリです。高度なプログラミングが必要になってくるのは勿論なのですがしれ以外にもシナリオ製作にもたくさんの人が必要になってきます。

その他にもゲーム内のイラストもイラストレーターさんに依頼しなければなりません。ゲームイラストは一枚数万円づるといわれています。

具体的な金額が書けないのは、イラストレーターさんの人気などによって変わってくるからです。新人さんは1枚数千円とものすごく安くしか買ってもらえないこともあるようです。逆に人気イラストレーターさんになると1枚で数十万なんてことも普通にあるそうです。それを何十枚何百枚も必要とするゲームアプリにかかるお金がたくさんかかるということに納得してしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *