アプリを作成しよう

アプリを作成したいと思ったら何が必要になるのかというと、まずアプリを作成するためのプログラミング言語を学ぶ必要があります。

どのような言語がいいかというと初心者ならば、HSPという言語がいいと思われます。では、HSPとはどのような言語なのかというと、まず簡単にプログラミングができるということです。

命令が簡単で誰でも取り組むことができます。また、日本人が開発した言語なので日本語の書籍や様々な方に気軽に質問をすることもできます。C#、JAVAなど違い初心者がよく使っている言語なので教育関係者やプログラマの方々に推奨されています。

では、どのようにしてHSPを取得すればいいのかというと、HSPTVというサイトがあってメールアドレスを登録したらメールが来るのを待つだけです。

そして、届いたら案内道理に進めていけば無料でHSPを取得することができます。また、HSPはライセンス料がないので自分が作成したアプリをネット上にあげることでいいモノを作ったりすると収入を手に入れることができるかもしれません。

先ほども言ったように、HSPは簡単にアプリの作成をすることができますので簡単に収入を得られる可能性が高いです。

このようにアプリの作成をするためには、プログラミング言語を使うことが必要です。また、自分がつくったものを売ったりすることで、大金持ちになることができる可能性を秘めています。皆さんもぜひしてみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *