様々な手法で行うアプリ開発

スマートフォンやタブレット端末向けのソフトウェアであるアプリは、様々なアプリ開発手法があります。

ジャイロセンサやGPSなどのネイティブな機能を使いたい時には、JavaやCを使えるフレームワークで開発していく事になります。これらの言語に対応したフレームワークは、ハードウェアの低レベルな部分にまでアクセスする事が可能になりますので、スマートフォンやタブレット端末の最新の機能を活かしたアプリ開発がしやすくなります。一方で、より手軽にアプリ開発を行いたい場合には、Webサイトの開発に使われているWeb技術を使って開発が行えるフレームワークを使うのが有効です。

このフレームワークは、Webviewと呼ばれるOSや言語の機能をベースに開発されたフレームワークを使って開発を行う事になります。Web技術でWebアプリを記述し、Webviewで表示をさせれば、アプリが完成します。アプリにHTMLを内蔵させたり、外部のWebサーバにHTMLを置いてアクセスする事でアプリを動作させる事が出来ますので、Webアプリケーションを開発出来る人にとっては手軽にアプリを開発出来る仕組みになっています。

このようなフレームワークの中には、低レベル層にアクセス出来る物もありますが、多くは、ハードウェアの低レベル層にアクセスする事が出来ず、ジャイロセンサやGPSなどの機能が使えないという弱点があります。しかし、WebサイトのようにWebサーバにHTMLデータを置いて、アプリで表示出来るようにしておけば、いつでも修正や機能強化が出来るといったメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *