ローカライズを意識したアプリ開発

スマートフォンやタブレット端末で動作するアプリを開発しているメーカーは、国内でアプリが売れる事によって、次に世界を目指す事があるでしょう。

その時に重要になってくる事が、アプリのローカライズです。他の国でもアプリを使ってもらう為には、その国の言語で表示出来るように設定をしておかなければいけません。全ての言語に対応する必要は無く、アプリを販売する予定の国々で利用する人を想定した言語を導入していくのが効率的です。アプリ開発では、最初からローカライズを意識して開発を進めていくのも良いでしょう。

日本語や英語をベースに必要と思われる言語に対応しておく事によって、様々な国や言語の人々に使ってもらえるアプリ開発を行っていく事が可能です。ローカライズを行う部分としては、主にインターフェース部分になりますが、Webページを表示したりする場合には、翻訳したページを表示する機能も追加する必要が出てくるでしょう。ボタンのテキスト部分を他の言語に置き換える事が出来るように言語メニューを設置しておくと便利です。

アプリ開発は、機能性を考えたり、ユーザーが使いやすいようにインターフェースを考えたり、エラーが出ないか確認したりというように進められていきますが、複数の言語が使えるようにしていく事も時には大切な作業です。あらゆる角度から考えてアプリ開発を進めていく事が重要であり、高機能と使いやすさを両立させていかなければいけません。アプリのローカライズ化はその一環でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *