HTMLを使ったアプリ開発

スマートフォン用のアプリ開発は専用の言語以外でも開発ができる時代です。

IOSならObjective-c、androidならJavaという感じでそれぞれの開発言語は当初決まっていました。そのため、両方にアプリを出すためには双方の言語で開発をやり直さなくてはならないため、双方にアプリを出すには時間がかかり、片方だけに出すという方も多かったようです。しかし、専用の開発言語以外でも開発が行える時代がやってきています。

さまざまな言語で双方のアプリを開発できるようになっており、その1つがHTMLとjavascriptを使った開発手法です。phonegapやcordvaと呼ばれるホームページやブログを作成するための言語でスマートフォン用のアプリが開発できるようになっています。HTMLやjavascriptを使ったアプリ開発ではホームページを作るのと変わらずにGUIなどを作って行けます。

データベースやインターネットとの通信、カメラの利用などはjavascriptから呼び出して使います。プログラムが終わったらphonegapやcordvaによってそれぞれのプラットフォーム向けのアプリが作成される仕組みです。当初は利用できないハードウエアもありましたが、バージョンが重ねられるに連れて、ほとんどのハードウエアでの動作が問題なくなり、アプリ開発で懸念されることが多い速度面についてもネイティブアプリに比べて若干の速度低下ですんでいます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *